第二回 沖縄ウェルビーイングカンファレンス 「ウェルビーイング 10年後の沖縄の未来を考える」

CONCEPT沖縄をウェルビーイングな島に。
沖縄から、日本をウェルビーイングな国に。

これからの社会指針となる概念として注⽬される「ウェルビーイング」。

⼈がウェルビーイングであることは、「企業の業績向上」や「⼦どもたちの健やかな成⻑」「⾼齢者や障がい者の⽣きがいある暮らし」など広範な分野に寄与することが最新の研究により明らかになっています。

昨年閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2021」では、「ウェルビーイングのKPIを設定する」旨が発表されました。また、同日発表された「成長戦略実行計画案」では、序文にて『今後、本実行計画を断固たる意思を持って実行に移すこととする』とした上で、<デジタル / サスティナビリティ / ウェルビーイング>が三本の柱に据えられました。今後、地域政策を策定する上でも、ウェルビーイングに関する知⾒は⽋かせないものとなってまいります。

まさに日本におけるウェルビーイング元年。具体的な行動で社会実装を行うことが2022年からの私たちに求められるアクションです。

歴史的・文化的な側面やその観光価値から、日本中の注目を集めやすい沖縄。私たち 沖縄ウェルビーイング推進協議会は、「幸せ」「長寿」「助け合い」など、元来沖縄が大切に育んできたコンセプトとの相性もいい「ウェルビーイング」にいち早く取り組んでいくことで、沖縄に住む人・関わる人だけでなく、日本全体、ひいてはアジア・世界中へとウェルビーイングを波及させていけるのではないかと考えています。

今回のカンファレンスでは、ウェルビーイングについて活動する各界のリーダーや研究者と共に、先進的な事例や取り組みについて学び、沖縄をウェルビーイングな島にするための具体的なアクションを磨き上げていきます。共に、一歩を踏み出しましょう。

一般社団法人沖縄well-being推進協議会PCW沖縄:Promotion Council for Well-Being in Okinawa歴史的、文化的な背景や社会的な繋がりの深い沖縄県を、世界に先立つウェルビーイング先進地域とすべく、各業界で研究や推進に取り組むウェルビーイングの専門家と沖縄県の経営者、自治体が協力することで様々な取り組みを展開し、個々の「幸せ」が最優先され尊重される社会の実現を目指しています。

PROGRAMプログラム

12:00-12:05(5分)開会の挨拶

12:05-12:50(45分)キーノート「ウェルビーイングに生きることの価値」

12:50-14:10(80分)「ウェルビーイング経営の実践」

14:20-14:50(30分)キーノート「幸福のデータサイエンス」

16:00-16:05(5分)「再開挨拶とwell-beingにかける想い」

16:05-17:15(70分)「女性活躍とウェルビーイング」

17:25-18:25(60分)「 自分らしく生きること 」

18:25-18:30(5分) 閉会の挨拶

OUTLINE開催概要

名称 第二回 沖縄ウェルビーイングカンファレンス
“ウェルビーイング 10年後の沖縄の未来を考える”
開講日時 2022年7月23日 12:00-18:30(開場11:30)
※進行状況により終了時間は前後いたします。
開講場所 沖縄ハーバービューホテル 彩海の間
参加料金 無料
主催 一般社団法人沖縄well-being推進協議会
お申し込み お申込みはこちら